台湾に行ってきました!『グルメとちょこっと遠出編』

先日行ってきました女子3人台湾旅行!
前回は『台北の街と雑貨編』を書かせていただきました。
今日は『グルメとちょこっと遠出編』をお送り致します。
おいしいものや綺麗な景色がたくさん登場しますよ!
どうぞ楽しんでご覧ください〜!



----------------------------------------------------------------------

◆グルメな台湾
台湾と言えば、やはり食!
色んな料理をたらふく食べてきました〜。



まずは一番楽しみにしていた小籠包!
朝ごはんを少なめにして、小躍りでお店に向かいます。
向かう最中、駅構内でテンションあがって思わず小籠包ポーズも飛び出してしまいました!笑 後ろに小さく写ってる方、ビックリしただろうなぁ。。



ここは絶対に外せないという名店『鼎泰豐(ディンタイフォン)』の本店にやってきました。
日本でも東京や名古屋など数ヶ所に店舗がある名店中の名店です。
ガイドブックによると世界のおいしいレストランBEST10にも選ばれたことがあるそうですよ。

⇒開店してすぐに行ったので並ばずに入れました。ラッキー!
それでも店内はこの賑わい。

⇒わーい!待ってました!お行儀よく並んでいてかわいいなぁ。

⇒食べる前にパシャリ!お友達は顔掲載NGなので、ピースだけ参加。(何だか自分の顔が若干小籠包に似ているような・・ちょうどライトがあたっていて、さらにまるっとした顔なので・・)

⇒1個の小籠包に対して、直径5cm重さ5gとちゃーんと均一サイズになっているそうですよ。

⇒ショウガをたっぷりのせて、いただきまーす!

⇒スープがたっぷたぷ。本当においしかった〜!
この豚肉の小籠包2せいろ分のほか、トリュフの小龍包、蟹みその小龍包、あんこの小龍包、さらには空芯菜の炒め物まで完食。
初めはお腹が空いていないと女子らしい発言をしていた3人でしたが、つるっと食べてしまいました!(おほほ、食旅ですから!)

⇒厨房ではこの人数のスタッフさんがひたすら小籠包作り!奥に積まれたせいろがいい味でています。
私もせいろを買って帰ってきたので、小籠包作ってみようかな。

⇒こちらは別の日に通りかかった時。皆さん、順番待ち。時間によってはすごく並ぶようです。


------------------------------

『鼎泰豐』があまりにも美味しかったので、こりゃあ是非他のお店でも食べて味比べしたいということで別の日にもう一店舗。


商店街にひっそりとお店を構える『明月湯包(ミンユエタンバオ)』さん。
何席かしかない小さなお店ですが、ガイドブックにも載る有名店です。


⇒『こんにちは〜!小籠包を食べにきました〜!』

⇒こちらでもモリモリ注文しました!笑
8個入りの小籠包×3せいろ分と、エビの水餃子にキムチチャーハンまで。
まぁ、よく食べます・・

⇒うまみ調味料を一切使っていないこちらの小籠包は素材本来の味が皮の中にぎゅっと凝縮されていました。感動的なおいしさ。
個人的にはこちらのお店の味のほうがより好みでした。


------------------------------

そして、台湾は小籠包だけではありません。
他にも食べたことがないようなおいしい(時にちょっと微妙な)食べ物がたっくさん。


士林夜市という市場では、見たこともない食べ物をたくさん目にしました。


⇒こちらは揚げ物屋さん。カニが丸ごと揚げられていました。
殻はかたくて食べられませんでしたがぷりぷりの身が美味しかったです。

⇒大きなソーセージに、大きなから揚げ。から揚げは30cmというビッグサイズ。
なかなかジャンキーなものがたくさん売っていました。



そんな中、私たちが入ったお店は麺類とオムレツがメインのお店。
おばちゃんが大きな鍋で調理しているのがオムレツです。


⇒オムレツには甘くて辛い不思議な味のソースがかかっていました。ソースがないほうがおいしいかな。

⇒肉とタケノコ入りの麺。とろみがついていて美味しかったです。


------------------------------


ところ変わって、こちらはホテルのレストランでの朝食風景。
森がとっているのはお粥です。
朝食ではお粥やヤムチャなど台湾らしい食材をたくさん食べることができました。


⇒朝からヤムチャ。何だか幸せ〜。

⇒ある日のお友達の朝ごはん。小籠包を食べる為に控えめの量。

⇒ある日の私の朝ごはん。肉まんやごまだんごなど台湾らしい食べ物を美味しくいただきました。

------------------------------
他にも、

台湾料理の老舗で名物の『渡り蟹のおこわ』を堪能したり、

もっちもちの杏仁豆腐を食べたり。

台湾の代官山と呼ばれるエリアでオシャレなカフェに入ったり。

そのカフェでおいしいケーキを食べたり。

と、とにかく食に関しては困らない旅行でした。
噂に聞いていた通り、まさにおいしい台湾だなぁ〜と思いました。
あぁ本場の小籠包、また食べたいな!



◆レトロな街『九份』

今回の旅行では台北市を抜け出して少し遠出もしました。
それは、特急電車やバスを使っていくちょっとした冒険でした。


まずは、レトロな街並が有名な『九份(ジュウフェン)』。
ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルにもなったと言われているこの街は台湾旅行でも人気のスポットのようです。
台北からは東部幹線という特急電車とバスを乗り継いで約1時間ほど。

⇒特急電車の車内。なかなか快適。


特急電車は指定席で座ることができたので、いつの間にかウトウト・・。
まんまと降りる駅を通り過ぎてしまいました・・。
(お友達が気付いて『ここだ!降りるよっ!』と言ってくれたのですが、森も私も慌て過ぎて荷物を持たずに降りようとしてしまったという、失態。そして結果降りられず。トホホ。)


⇒次の駅で降り、『あー!やっちまった!』の図。笑


どの電車に乗って引き返せばいいのか分からず少し焦りましたが、ちゃきちゃきとした駅員のおっちゃんに助けられ、仕事帰り(恐らく農業)のおじちゃん、おばちゃんに助けられ、何とか無事に引き返せました。台湾の方々、本当に皆さん親切です!
訛りのある地方なのか英語も通じませんでしたが、笑顔とジェスチャーで会話。


⇒きびきびと働く駅員のおっちゃん。

⇒後ろ姿が何だかかわいい!(本当に助かりました!ありがとう〜!)

⇒せっかくなので降りた駅のホームから記念写真をパチリ。

⇒無事に引き返して、バスに乗り換え、ゆらゆら20分。




ようやく『九份』到着〜!
高台にある景色の綺麗な場所でした。


⇒お土産物屋が立ち並ぶ路地を進みます。

⇒名物のアイス屋さん。

⇒クレープ生地の上にピーナッツ飴を削ったものとアイスをのせ、パクチーを散らして巻いた不思議なデザート。
偶然にもパクチー抜きだったからか、けっこう好きな味でした。



そして、目的地の『九份茶坊(ジュウフェンチャーファン)』さんに到着。
ここ九份で最も古いお茶屋さんです。
台湾各地の厳選茶葉が買えるということで、絶対に来たいと思っていたお店のひとつです。


⇒いい雰囲気の店内。とっても広い空間でした!


⇒通された席からの一枚。赤ちょうちんのある風情ある景色です。

⇒席の真ん中には味のあるやかん。熱々のお湯が入っています。

⇒お店の方オススメの『梨山烏龍茶』を注文。目の前で淹れてくれます。

⇒準備完了!『いただきま〜す!』




『梨山烏龍茶』は高級茶葉なだけあって、まろやかでそれでいてちゃんと深みもある味。とっても美味しかったです。
同じ茶葉を使って何回も淹れることができるということだったので・・


⇒私たちも挑戦〜!お茶を淹れる工程が楽しく、ワクワクしながらのお茶体験でした〜。

⇒一緒に行ったお友達が一番さまになっているような。手が美しい!

⇒茶器セットってちょこんとしていて、かわいいなぁ。

⇒凍頂烏龍茶という高級茶葉で漬けた梅。お茶によく合います。



まったりしているうちにすっかり日も暮れ、いい雰囲気に包まれました。
遠出してきてよかった〜!

⇒お土産を買って、お店を後にしました。私も2種類の茶葉を自分のお土産に。




◆陶器の町『鶯歌』

そしてもう一箇所。電車に乗ってプチ冒険をしに行った街があります。
それが陶器の街『鶯歌(インガー)』。


台北から普通列車に揺られて約30分。


⇒降り忘れることもなく、無事到着!『いえーい!』 

⇒ちょうどオレンジのかわいい列車が通過していきました。

⇒駅階段の陶器タイルがかわいい〜。さすがは陶器の街!

⇒なかなか大きな立派な駅でした。





陶器がたくさん売っているメインストリート『鶯歌老街』までは歩いて約10分ほど。その道のりをてくてく歩きながら『鶯歌は昭和っぽい雰囲気だなぁ』と感じました。



⇒陶器の街らしい風景。

⇒鶯歌老街まで細い道を進みます。古めかしい看板、建物、それにお店のおじちゃんまで(!?)何だか昭和のにおい。

⇒床屋さんのぐるぐる回る目印看板が赤のドット。草間弥生さんのデザインみたい。





『鶯歌老街』に到着!
観光客、地元の方、たくさんの人で賑わっていました。


⇒左側には陶器屋さんがずらり。右側には食べ物の出店がずらり。

⇒どのお店も所狭しと陶器が並びます。何だか益子っぽい雰囲気。

⇒色んな絵柄の茶器が並んでいます。

⇒急須、かわいいなぁ。

⇒お花モチーフの柄が主流のようです。カラフルでかわいい!





そんな中すーっと引き寄せられてしまったお店がこちら、『嘉峰(ジャーホン)』さん。
アンティークの陶器を扱うお店です。


⇒店内には歴史ある陶器がずらり。雰囲気いいな〜。

⇒小さな茶器もたくさんありました。言葉が通じず会話はできませんでしたが、それぞれの茶器の詳しい本も見せてくれました。

⇒器探しをする森と私。またお友達がこっそり撮ってくれていました。
こちらでは小さな茶器を購入。(既に販売済み)





そして、陶器の街だからでしょうか、鶯歌では水笛がたくさん売られていました。
フクロウやインコ、ペリカン、それに何故か犬や猫などの動物モチーフのものも。色が綺麗で可愛かったので、ペリカンとインコを連れて帰ってきました。





鶯歌は本当に時代をタイムスリップしたような雰囲気で、メインストリートを回っている間、自分はどこにいるのだろうと何だか不思議な感覚になりました。
そして同じ台湾でも行く場所によって雰囲気がこんなにも違うのだなぁと思いました。
台湾での器探し。貴重な体験ができてよかったです。



----------------------------------------------------------------------

2回に分けてお送りしました台湾旅行記、いかがでしたでしょうか。
少しでも台湾の魅力や雰囲気が伝わっていれば嬉しく思います。
日本から近いのに異国の台湾は旅行にはぴったりの場所だと思います。
読んでくださった方の中でこれから台湾旅行をする方がいらっしゃいましたら、このブログが少しでもお役に立てるといいな〜と思います。

台湾旅行記はこれでおしまいです。
旅先で見つけたかごやバッグを少しですが販売しておりますので、ご興味のある方はぜひこちらもご覧くださいね!
長いブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


↓↓ 台湾雑貨の商品ページはこちらからご覧ください♪ ↓↓


台湾に行ってきました!『台北の街と雑貨編』

先日3泊4日で台湾に行ってきました。
『どっかいきたいねぇ。』『行っちゃう?行っちゃうかー!』という友人との何気ない会話から1ヵ月前に急遽決まった女子3人旅。

台湾はレトロで、美味しくて、人も気候もあたたかい場所でした。
今回も楽しかった旅をたっぷり振り返ります。(何だかいつも旅ブログを書いているような気もしますが・・)
思いがけず素敵な雑貨にも出会いましたよ〜!


----------------------------------------------------------------------
◆懐かしく、新しい街、『台北』


台湾の観光都市、台北市は東京23区の約半分ほどの大きさ。
市場や問屋街、ショッピングエリアなどをぐるぐると観光していて感じたのは、台北は『古さと新しさの混じり合った街』ということ。







古いビルがぎゅうぎゅうと狭そうに並んでいる様子や、夜市(よいち)という夕方から夜中に開かれている市場、街角で見かける小さな果物屋さんや飲食店は日本の下町を歩いているような、レトロで懐かしい気持ちになりました。



⇒朝、飲食店の店先で朝食をとる人たち。気候も穏やかで気持ち良さそう。

⇒街の色んなところで小籠包のお店を見かけました。


⇒信号待ちしているバイクの量のすごいこと!台北はビックリするほどのバイク社会でした。しかもみなさん、飛ばす、飛ばす!

⇒行天宮という商売の神様のお寺の地下にある『占い横町』。
悩み多き女子3人、ばっちり占ってもらいました。

⇒問屋街には大量の乾物が。


------------------------------


一方こちらは新しいビルや大型施設が集中する近代的なエリア。
広い道にたくさんの高い建物、車と人が行き交う様子は、銀座や丸の内のような雰囲気のよい都会的な印象を受けました。


⇒高さ508メートルの台北のランドマーク、『台北101』。

⇒夜は遠くからでもキラキラと目立ちました。


⇒道路も歩道も広くてきれい。




◆移動は電車とタクシー

台北の街をぐるりと回るにはMRTと呼ばれる電車がとっても便利でした。

私たちはこのICカードにお金をチャージして移動しました。毎日電車を使ってあっちこっち行きましたが、かかった運賃は200元(日本円で600円ちょっと)とかなり安かったです!


⇒ピッと簡単に改札通過。


⇒電車内は飲食禁止。ガムや飴も口に入れていてはNG。
そのためか電車内がとーっても綺麗で快適でした。


⇒ホームも広くて綺麗。掃除が行き届いています。路線数もそんなに多くなく簡単なので迷うことなく移動できましたよ!


⇒もう一つの交通手段がタクシー。こちらも日本より随分安く乗れるので駅から離れた場所に行く際など便利でした。
台湾のタクシーは全てこの黄色の車なので探すのも簡単でした。




◆やっぱり雑貨屋さん巡り

台北にきてもやっぱり外せなかったのが、雑貨屋さん巡り。
台北も日本と同じようにライフスタイルショップが流行っているようで、事前に調べておいたお店をちょこちょこと回ってきました。



『好丘(ハオチョウ)』さんは、政府所有の古い建築を利用して開かれたライフスタイルショップ&カフェ。
台湾のいいものがぎゅぎゅっと詰まったお店でした。


⇒入口のぼんぼりがかわいい!

⇒広い店内には有機栽培食品やデザイン雑貨などがたくさん置かれていました。

⇒国産素材を使ったベーグルが有名なよう。

⇒店内には広いカフェも併設。とってもいい雰囲気でした。


⇒外観も素敵!柔らかく優しい空気が流れていました。ベンチにちょこんと座ったお姉さんがまたいい感じ。

⇒毎週日曜日には台北版ファーマーズマーケットが開かれているそうです。行きたかったな〜!





ここはその昔外省人が暮らした集合住宅。文化遺産として残すため、政府によって保全されてきた場所なのだそう。
時代をさかのぼったような、それでいてうまく現代に溶け込んでいるようにリノベーションされた雰囲気が本当に素敵でした。まだ空き家がたくさんあったのでこれから新しいショップもどんどんオープンするのかな〜。


⇒トントントン。前日の占いで言われたラッキーカラーのブルーの戸を叩く私。(良い事こいこーい!)

------------------------------


こちらは台湾を代表する書店『誠品(チェンビン)書店』さん。
本だけでなく雑貨や食品などもたくさん売られていました。テナントも充実していてまるでデパートのよう。


⇒この店舗だけで約20万冊の本が売られているそう!店内にはソファもたくさん設置されていてゆっくりお気に入りの本が探せそうな空間でした。

⇒雑貨や食品エリアも品数豊富。おみやげ探しにぴったりの場所。

⇒おっ!ドラえもん発見!

⇒外観も内装もスタイリッシュでした。


------------------------------


こちら『VVG something』さんは、古いものを集めたライフスタイルショップ。
日本の古雑貨や本がたくさん売られていました。

⇒温かい雰囲気の店内でゆっくり雑貨探し。

⇒ノート類が充実していました。

⇒この長い棒の用途が分からず、森とあれこれ推測しましたが、結局分からず終い。


------------------------------


迪化街(ディーホアジェ)という問屋街の一角に佇む『印花樂(インホアラー)』さんはテキスタイルがかわいい布屋さんでした。


⇒乙女心をくすぐるカラフルなテキスタイルが素敵!

⇒布屋さんの隣には本屋さん。

⇒何かないかな〜。うろうろ。

⇒うろうろ。

------------------------------

そして私たちが一番興奮してしまったお店がこちら!


迪化街の端っこに小さくお店を構えるかご屋さん。
この何かありそうな雰囲気!たまりません〜。
完全な個人旅行だったので仕入れはしないつもりでしたが、このお店の外観を見た途端、ピンッときてしまい、いっきに仕入れモードに!笑


⇒森と私で真剣にせいろを物色中。サイズもいろいろ、どれにしようかな〜。

⇒小さなかごのあれこれ。

⇒持ち手の長いかごもかわいいな〜。


⇒森が天井高くにぶら下がっていたかごを発見。たくさん購入したからか、埃まみれだったからか、タダでいただいてしまいました。これは綺麗に洗って森の私物に。

⇒台湾の伝統的なかごだと後で宿泊ホテルの方に教えてもらいました。お嫁にいく時に使うかごだそうですよ。ちょっと変わった形や色がかわいい!今は森家のインテリアの一部になっているそう!



厳選して持ち帰れる範囲でかごやせいろを連れて帰ってきました。
この状態でホテルに戻ったら、ホテルの方に『何買ってきたの〜?!』とびっくりされましたが。笑
でも、どれもこれも本当にかわいいアイテムなんです。おまけにとってもお手頃価格。
かご好きの皆様、ぜひ商品ページもご覧くださいね!



----------------------------------------------------------------------
台湾旅行『台北の街と雑貨編』いかがでしたでしょうか?
街も人も気候も穏やかであたたかくて、そしてどこか懐かしい、そんな雰囲気の台北でした。
次回は『グルメとちょこっと遠出編』をお送りします。どうぞお楽しみに!


・・・というわけで、本日より台湾で少しだけ仕入れてきたかごや陶器を販売させていただきます。台湾の空気を感じながら楽しんでご覧いただけると嬉しいです!


↓↓ 台湾雑貨の商品ページはこちらからご覧ください♪ ↓↓



| 1/1PAGES |

WEBショップへ


新着記事

カテゴリー

アーカイブ

    

コメント